ベンツ足回り異音修理をお安く行っています

【ベンツ足回り異音】メルセデスベンツ修理格安のプロフェッショナル

ベンツ異音修理ベンツの異音原因

ベンツ異音|足回り修理は経験と実績が重要!ベンツの走りを復活させます

当社では難しい足回り異音の診断、修理を行っております。

基本的にハンドル操作のあるフロントからの異音が多く構造上、部品が多く異音場所の特定が難しい修理です。人間の関節と同様な造りをしていますので各部品の接合部分であるボールジョイント、ブッシュからの異音が殆どですがショック本体やスタビライザーからの異音が出ている場合もあります。

走行距離や過去の部品交換状況も加味しながら最善のプランをご案内しております。

ハンドルを切ると異音「ギーギー」

段差で異音「コトコト」

ブレーキ操作で異音「キーキー」

走行中に足回りから「ギシギシ」

ベンツの異音修理は年間2.000台の修理実績の当社で

その他の異音事例

オートマ本体からの異音

ベンツ異音

オートマからの異音では「ウィーン」とアクセル操作と共に音がする場合があります。オイルポンプやトルコン内部からの異音が主となります

サスペンションからの異音

ベンツサスペンション異音

サスペンションも内部オイルが抜けると異音が発生する場合があります。特にワゴン車のリヤサスペンションが異音発生するケースが多いです

エアサスポンプからの異音

エアサスポンプ異音

エアサスポンプも経年劣化すると内部ポンプから「ジー」という異音が発生します。寿命となりますので完全にポンプが動かなくなる前に交換が必要です

メルセデスベンツの足回り重要性

ベンツ異音原因と修理

200キロオーバーでも走行性能が高いメルセデス・ベンツの足回りは国産車と比べ物にならない程に設計されていますので新車時と走行6万キロ時とでは雲泥の差があります。10年、10万キロで廃車にする国産車のコンセプトとは異なり本国ドイツでは30万キロオーバーは当たり前なのでシャーシ、足回りは非常に仕上がっています。中古車で購入したベンツオーナーさんは「これが普通」と思っている足回りですが実は本来の走りではない場合が多いです、異音が発生するという事は部品の末期なのでそもそも性能はほぼない状態で乗っていた事になります。足回り部品交換はディーラーさんでも高額メンテナンスとなりますがお安く仕上げさせて頂きますので是非、ご相談ください!

ベンツの足回り異音に関して

音の修理は難しく診断機では判断できませんので「異音発生状況」「耳」「事例」「車両状態」から総合的に判断する必要がある100%断定する事が難しい修理となります。

例えばアームのブーツが切れているからといって異音の原因とは限らない場合も多く経験と事例での診断が勝負となります。