走行距離が7万キロを超えた頃から足回りにガタが発生します。

中古車で購入したユーザーさんはこんなもんだと思っている場合が多いですが新車から約4万キロまではしなやかな足回りなんです。

ガタとは、段差でゴトゴト、ハンドルが取られる、直進安定性の低下等、非常に乗り難くなっているのです。

リフトで上げてブッシュを点検しても目視では別段問題なく見えますが実際に交換するとその効果は絶大です。

画像はVクラスのロアアーム交換画像です,交換前は道路の凸凹でガタガタが酷く、ハンドルも安定していませんでした。

交換後はハンドルが安定し直進性が格段に良くなりブレーキも遊びなくカチッと効くようになりました。

外したロアアームのブッシュは目視では特に以上は有りませんでしたが間違いなく老朽化していました。

ディーラーさんで左右ロアアーム交換を行うと21万円程ですが当社では13万円程で交換可能です。

ベンツ足回り修理

ビアノロアアーム交換