ベンツ修理事例はこちらでご覧ください

ベンツ修理事例

修理と言っても診断、使用部品、修理方法で費用が大きく異なります。

  診断方法 使用部品 修理方法
当社ベンツ専門店 診断機及び現物診断 純正、OEM、現物修理 段階的修理
ディーラー 基本的に診断機 純正部品 全て交換
一般工場 診断機か目視 純正、OEM、中古部品 交換後の確認

*他社様の情報は一般的基本内容となります

ベンツ修理事例|ベンツ専門!年間2.000台以上のベンツオンリー修理工場

ベンツの警告灯診断

警告灯1つに対して故障原因は複数ありますのでお電話での故障診断は非常に難しいため、ご入庫頂き正確な診断が必要になります。 故障診断のご予約はこちら

(故障コードだけでは故障部品が断定できない場合があり故障コードに従って単純に部品交換しても治らない場合が多いので専門店にお任せください)

当社のベンツ修理方法とは

例えば、7年落ちのベンツでエアコンが故障した場合ですが結果的原因がコンプレッサー不良だった場合ではディーラーさんの場合はご予算に関係なくコンプレッサー、高圧ホース、低圧ホース、コンデンサー、エキスパンションの見積もりが出ます(約60万円)当然、全部新品にすれば完治するし非常に理にかなっている修理内容だとは思います。しかし結果的故障個所がコンプレッサーだとすると当社で約11万円の修理なのでその点もお客様に選択肢としてお伝えしなければならないと思います。またちょっと困るのが国産車メインの修理工場でコンプレッサー交換を行うと20万円程になるようでディーラーさんと大差がない点です。

当社では段階的な修理方法と一括修理方法や使用部品に関してご予算やユーザーさんの考え方に合わせたプランをご提案しておりますので何なりとお尋ねください。

ベンツVGS修理

ベンツVGS修理

上記画像の部品はAクラス、BクラスのCVTで故障が多い電子基板です。この部品はメーカーから社外販売不可としてディーラーさんでしか交換できない部品として指定されています。当社ではリビルト部品で対応する事も可能でディーラーさんの半額程で修理する事も可能です。

ベンツシフト故障

ベンツSCNコーディング

W221やW216等でシフトレバーがハンドルから出ている車両の場合、ギヤチェンジをモーターで行っています。その部品も電子制御部品なので当然、故障する場合があり故障するとPから抜けなくなり走行できない状態になります。メーターにはESPが点灯する場合もあります。この部品も社外販売不可部品でSCNコーディングが必要な作業となります。当社では新品交換のSCNコーディング及びリビルト部品交換が可能です。

カムシャフト、アジャスター交換

ベンツカムアジャスター交換

エンジン警告灯の原因がカムシャフトアジャスターと出た場合はエンジンヘッドを分解しカムアジャスター交換が必要になります。この作業ではギヤ位置設定が必要なので専用ツールが必要なので各種取り揃えております。この様な特殊作業もベンツ専門認証工場なので安心してお任せ頂けます。