ベンツW211リヤエアサス修理

ベンツW211 Eクラスワゴンはリヤがエアサスでフロントがバネサスとなっております。

荷物を積んでもお尻が下がらない様にエアサスで常に車高を一定にする機能ですがエアサスが故障してエアー漏れを起こすとリヤの車高が下がってしまいます。

この機能はW212ワゴンも同じ構造です。

W211ワゴンに関してはリヤエアサスが2種類あって車体番号で調べなと判りません。

厄介なのが車両によってエアサスにタンクが付いているタイプを使っている場合はリヤメンバーを降ろさないと交換が出来ないので工賃が高くなります。

タンクが無いエアサスとは配線の本数(カプラー)が異なるので取り付けるとエラーが表示されますのでちゃんとした適合部品交換が必要です。

この様な場合でもお安く修理しておりますのでお気軽にご相談ください。

ベンツW211エアサス修理

 

2017年10月24日